ランドセルの歴史

  江戸時代の末期頃のランドセルの画像

日本独自の鞄のランドセルは、江戸時代の末期頃にできたものです。 日本に西洋の軍隊システムが採用された時に、布製の背のうも輪入されてきました。 いわば、同時は軍用の荷物入れだったわけです。 この当時の布製の袋が日本のランドセルの起源となっています。

 時代背景
江戸時代から明治に移り、日本で最古と言われる※学習院が、明治18年になって、軍用の背のうに現在でいう教科書・ノート・筆記用具を入れて学校へ行かせるように変わりました。

※ 学習院
1846年、現在の京都市に設立された公家を対象とした学校。1884年に宮内省の管轄下に置かれ、皇族・華族の子弟教育の専門の学校になる。 昭和22に幼稚園〜大学院までを受け持つ総合私立学園になる。

 ランドセルの呼び名の起源
軍用の背のうは、当時オランダ王国(蘭)では、「ランセル」と呼ばれていました。 それが、時間が経つとともに「ランドセル」という呼び名に変わりました。 現在では、ランドセルとは、小学校へ行くための背負いカバンを意味するようになりました。 これがランドセルのルーツになります。

明治時代のランドセルは平成時代でいう登山用のリュックサックみたいな鞄でした。 今のようながっちりとした箱型のランドセルの誕生は、明治21年、日本初の首相、伊藤博文が特別に製造させたものだと言われています。

その後、背負うことによって、右手、左手がフリーになるなどの便利なところが多い点から、主に小学生用のカバンとして普及してきました。 しかし、ランドセルは都会に住む人向けの商品とされ、地方ではまだ教科書類を風呂敷に包んで学校へ行くのが普通でした。 また、昭和30年後半になってくると、都会だけでなく、地方にもランドセルが普及してきました。 なお、世界中のどこ探しても背負い式の通学カバン「ランドセル」は、日本独自の文化からできた通学用の鞄だといえます。

外国にも背負うタイプの通学用カバンはありますが、日本のように箱型ではありません。

 若かりし僕のランドセルの思い出

現在ではカラフルなランドセルが数多く販売されています。 僕らの世代では、ランドセルカラーは、赤か、黒しか選択しかありませんでした。

僕は私立の小学校に通学していたことから学校が指定してくるブラウンのランドセル。 ランドセル 人気 今の時代ではブラウンのランドセルは流行ってますが、その当時の僕はブラックのランドセルが良かったのです。